【ガンプラ】G.F.Fって、なに?

カトキハジメ デザイン アンド プロダクツ アプルーブド ガンダム

週末、ガンプラを買いに行こうと思っていたんですが、あいにくの大雨警報……。

仕方無いので、引き続きガンプラ本で知識を深めていたんですが、お気に入り作品のページに付箋をはっていたら、「G.F.F.」という単語が何度も出てくるんです。

そんなわけで、気になる「G.F.F.」について調べた結果をご紹介します。

G.F.F.って、なに?

GUNDAM FIX FIGURATION
略称表記はG.F.F.またはGFF。
2001年1月に第一弾が発売され、現在まで続くモビルスーツのフィギュアシリーズ。
全商品はカトキハジメがプロデュースとデザインのリファインを行なっている。
ガンプラでのカトキの監修が(Ver.Kaシリーズを除き)劇中のイメージに忠実なリファインを基調としているのに対し、本シリーズではバランスやディテール等随所にカトキ的な解釈を隠すことなく織り込んでいる点が特色である。
また、原型製作・マーキングデザイン・色指定・完成見本などの担当が分業化されている点、それらのスタッフ名が公開されているという点も特徴。

なるほど、G.F.F.」とは「GUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム・フィックス・フィギュレーション)」の略で、「カトキハジメさん」という方がプロデュースしているモビルスーツのフィギュアシリーズのことみたいです。

ということは、このカトキハジメさんが作品全体の総指揮をとっている重要人物みたいですが、「カトキ的な解釈を隠すことなく織り込んでいる点が特色である」なんて書かれちゃうってことは、カトキハジメさん、もしかして有名な方?

カトキハジメさんって、だれ?

調べてみたところ、カトキハジメさん、ガンダム業界の第一人者でした……、すみません、知りませんでした、私。

特にガンプラ業界では、カトキさんデザインのガンプラが「カトキ版(Ver.Ka)」というブランドシリーズになったりカトキ立ち」という「最もスタイリッシュに見える素立ち姿」を考案されているみたいです。

いや~、超大物じゃないですか!

カトキハジメさん、作品がステキ!

オットに聞いたところ、我が家にもカトキハジメさんの作品集がありました!

それがこれ、「カトキハジメ デザイン アンド プロダクツ アプルーブド ガンダム」!

読んでみたところ、なるほど、プロモデラーの皆さんが「G.F.F.風」みたいに参考にする理由がわかりました。

写真の表紙のガンダム(?)からもうステキですし、デザイン画の一つ一つに目を奪われますが、なかでも配色に不思議な魅力がありますね。

GUNDAM WEAPONS(ガンダムウェポンズ)」でお気に入りの作品を探していたら、私、パステル調の淡い色味が好きみたいなので、この辺りとあわせて参考にしたいですね~。

ガンダム・センチネル風ってのもあるみたい

それとカトキハジメさんを調べているともう一つ、「ガンダム・センチネル」という単語もよくでてくるんですが、これも大事なキーワードみたいなので、近いうちに調べてみたいですね。

我が家にも参考にできそうな本があると良いのだけれど……。

G.F.F.はお高い……、でも

そんな「G.F.F.」こと「GUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム・フィックス・フィギュレーション)」、実物を見てみたいな~と軽い気持ちでAmazonさんを検索したところ、軒並み数千円超えでした……。

こんなときはネットに相談!っと調べたところ、バンダイさんの公式ページ以外にも写真付きで解説してくれている方がいらっしゃいました、やった~。

まとめ

いや~ステキですね、G.F.F.とカトキハジメさん。

ガンプラ心の師匠、セイラマスオさんが「塗装はG.F.F.風」みたいに書かれているんですが、これを参考にされていたんですね、なるほど~。

今週は天気も良さそうなので、さあ、次こそガンプラを買いに行かねば!

シェアしていただけるとうれしいです